ハンディカムHDR-SR12フォーマットエラー復旧

今回は宮崎県からソニーのビデオカメラのハンディカムのデータ復旧のご依頼になります。

 

トラブルの内容はSONYハンディカムではおなじみのHDDエラーのE:31:00フォーマットエラー表示です。

 

ビデオカメラの機種は2008年2月に発売されたHDR-SR12

 

ハンディカムはハードディスクを内蔵するモデルです。

 

容量は姉妹機種のHDR-SR11の60GBの倍の大きさの120GBと大容量です。

 

ハンディカム内蔵メモリデータ復旧の事例をまとめてご紹介

 

ハンディカムhdr-sr12

 

HDR-SR12フォーマットエラー

 

内蔵HDDに録画した思い出の映像の復元がご希望になります。

 

調査の結果、ハードディスクに不良セクターが多数発生している物理障害のビデオカメラでした。

 

状況も悪化気味で、もう少し遅い依頼の場合はご希望のムービーのデータ復元は厳しかった可能性が高い状況でした。

 

内蔵HDD搭載のビデオカメはE:31:00フォーマットエラーが表示し始めるとHDDの悪化・劣化が急速に進む場合があります。

 

復元できるチャンスも短いですので不用意なアクセス(電源ON/OFFやPCとの接続等)は極力控える事をお願いしております。

 

復旧の結果は、無事、厳しい状況の中、30GB以上のハイビジョン映像の復旧に成功。

 

お客様のご要望で、弊社の有料オプションサービスでありますテレビ視聴用のブルーレイ(BD-RE/BDAV)。

 

及び通常の納品媒体のDVD-Rデータディスクでの納品になりました。

 

ビデオカメラ復旧、削除消去した動画復活サービス

 

【豆知識】

ビデオカメラ・ソニーのハンディカムでE:31:00フォーマットエラーが表示される機種。

その他多数のHDR-SR12の復旧実績はこちら

HDR-SR7/HDR-SR8

HDR-SR11/HDR-SR12

HDR-XR100/HDR-XR150

HDR-XR300/HDR-XR350V

HDR-XR500/HDR-XR520

E:31:00点灯はハードディスクの機器的故障ですのでデータ復旧のチャンスは短いです。

  スポーンサーリンク