今月のデータ復旧割引キャンペーン内容[平成27年10月 スポーンサーリンク

パナソニックのビデオカメラHC-V300Mで使用していたSDカードのデータ復旧のご依頼です。
 
 
SDカードは、KINGMAXのClass10 32GBです。

定期的にキングマックスのSDカードの復旧がありますので売れていたカードだと思います。

依頼件数の割合で機械的な故障が少ないので比較的安心して使えるカードだと思います。

KINGMAX SDカード 32GB Class10

 

 

今回のお客様の訴えは、突然!データが消えてしまったとの事でした。

SDカードから復元作業をする前の簡単な確認で修復に失敗した形跡がありました。

CHKDSKが走った痕跡があり、半端な断片化した残骸も多数見受けられた。

回収後、動画の修復を施し正常に再生する動画を抽出してご提案した。

今回は、全体の8~9割程度の復旧率に落ちたのが残念でした。

納品は、ブルーレイ編集サービスとDVD-Rで納品になりました。

PS:修復を促すメッセージの対応について

デジタル記憶媒体であるハードディスク、USBメモリ、ビデオカメラの内蔵メモリ、今回のsdカード等では修復を促すメッセージが出るときがあります。

原因は、HDD又はメモリ内に不具合がある、又は、ファイルシステムに少し問題が生じたケースでシステムが問題を治す為の自動プログラムです。

修復をすると、成功した場合は、正常に再生、ファイルが読み込みが出来るようになります。

失敗するとデータが消失します。

修復を実行する、しない、どちらが良いのか?

判断は非常に難しいです。

データ復旧を主に考えた場合は、修復はしない方が復旧率は高まります。

通常は、再生できない、開かない、状況を直ぐに回避したいので修復を無意識のうちに実行する方が多いです。

これにより、運が悪いとデータが消える事がある事を覚えて頂きたいです。

今月のデータ復旧割引キャンペーン内容[平成27年10月 スポーンサーリンク