今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年12月 スポーンサーリンク

本日は横浜市のお客様より外付けハードディスクデータ復旧のご依頼になります。

 

今回は弊社の会社(横浜市保土ヶ谷区)まで電車で1本との事でしたので時間調整してお持ち込頂きました。

 

データ復元の外付けハードディスクはバッファロー2TBのHD-LS2.0TU2Cになります。

 

buffalo-hd-ls2-0tu2c表

buffalo-hd-ls2-0tu2c裏

また納品用外付けHDDもご一緒にお持ち頂きました。

新品持込HDD:BUFFALO HD-LC2.0U3

 

お客様のトラブル

お客様

2016年年末に外付けHDDを選択すると「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません。」の表示。

お客様

BUFFALO外付けHDDに溜めていたファイルの復旧をお願いします。

 

ご来社頂きお客様のトラブル状況を確認するため外付けHDDをお客様の面前でパソコンに接続確認。

 

帰ってきたエラー表示が「今すぐフォーマットしますか?」と表示。

 

お客様は自宅ではこのメッセージではなかったとの事。

 

多分、弊社の確認用のパソコンのOSがWindows7。

 

お客様のパソコンがWindows10との事ですので表示されたメッセージに相違が有った可能性が考えられます。

 

Windowsログを確認するとNTFSのエラー表示。

 

この時点ではバットセクター、不良ブロック等の物理的エラーログは検出されていない。

 

お客様が帰社後、BUFFALOの外付けHDDの復元作業を開始。

 

本来はイメージ作成してからの復旧作業をするが先ほどのWindowsログから想像して、現状のファイルシステム(NTFS)から復旧する事にした。

 

予想したとおりNTFSの不具合も少なく約140GBのデータ復旧に成功。

 

このデータが正確か違う復旧ソフトを起動して確認したが状況は同じな為、正常なデータと判断。

 

お持ち込み当日にメールにてデータ復旧成功のご連絡。

 

後日、格納用(BUFFALO HD-LC2.0U3)の外付けHDDに復旧したデータを格納してゆうパック・代金引換サービスでご納品の運びになりました。

 

激安!外付けHDDデータ復旧サービスはこちら

 

 

今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年12月 スポーンサーリンク