USBフラッシュメモリー データ復旧事例紹介

2018年5月-今月のデータ復旧割引キャンペーン情報 スポーンサーリンク

USBフラッシュメモリーのデータ復元の実績を紹介していきます。

 

USBフラッシュメモリー(usbメモリ)は2000年代にパソコンの外部記録媒体として登場したメディアです。

 

2000年以降はUSBメモリが大容量&低価格になりパソコンの文書(ワード&エクセル・一太郎・PDF)ファイルや画像データの保存に現在でも重宝されています。

 

反面、USBメモリーも様々なメーカーから発売されていてトラブルも多く危険な媒体でもあります。

 

弊社にデータ復旧の依頼で送られてくるUSBフラッシュメモリーのトラブルでは、

フォーマットしますか?巡回冗長検査CRCエラーファイルまたはディレクトリが壊れているフォルダー、ファイル名の文字化け、0バイト、突然データ消失(空)等です。

 

この様なUSBフラッシュメモリーのトラブルからデータ復元した実績を一覧ご紹介していきます。

 

 

スポーンサーリンク

ソニーのポケットビットUSM4GLのUSBメモリが”フォーマットしてください”のフォーマット要求から写真・文章ファイルのデータ復旧に成功した事例

SONY USBメモリ データ復旧 トラブル復旧
sony-sdk-usm4gl フォーマットしてください

本日は広島県尾道市のお客様よりのUSBメモリのデータ復旧のご依頼を頂きました。   USBメモリはSONY(ソニー)のポケットビットSDK-USM4GLライトブルーの16GBになります。   &nbs・・・

ページの先頭へ