USBフラッシュメモリー データ復旧事例紹介

USBフラッシュメモリーのデータ復元の実績を紹介していきます。

 

USBフラッシュメモリー(usbメモリ)は2000年代にパソコンの外部記録媒体として登場したメディアです。

 

2000年以降はUSBメモリが大容量&低価格になりパソコンの文書(ワード&エクセル・一太郎・PDF)ファイルや画像データの保存に現在でも重宝されています。

 

反面、USBメモリーも様々なメーカーから発売されていてトラブルも多く危険な媒体でもあります。

 

弊社にデータ復旧の依頼で送られてくるUSBフラッシュメモリーのトラブルでは、

フォーマットしますか?巡回冗長検査CRCエラーファイルまたはディレクトリが壊れているフォルダー、ファイル名の文字化け、0バイト、突然データ消失(空)等です。

 

この様なUSBフラッシュメモリーのトラブルからデータ復元した実績を一覧ご紹介していきます。

 

 

  SDカードの復元   スポーンサーリンク

グリーンハウス(green-house)のUSBメモリーがフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?とエラーでデータが読み込み不能なケースから復旧した事例紹介

Greenhouse USBメモリ データ復旧 トラブル復旧
ピコドライブ USBメモリ 初期化しますか? フォーマットしますか? データ復旧

本日は熊本県のお客様よりグリーンハウスのUSBメモリデータ復旧ご依頼を頂きました。     USBメモリーはグリーンハウス(green-house)のピコドライブ(PicoDrive)の4GBになりま・・・

ページの先頭へ