xDカード データ復元事例

  令和2年2月 データ復旧 割引キャンペーン案内   ⇒ 過去の<今月の割引キャンペーン案内>を確認する       データ復旧サービスの株式会社ウルア電話番号掲載案内画像     スポーンサーリンク    

xDカード(正式名称:xDピクチャーカード)の写真データ復旧の復旧の実績をご紹介していきます。

 

xDカードはオリンパスと富士フイルムが共同開発したメモリーカードの規格です。

 

2002年には16MB/32MB/64MB/128MBが発売されました。

 

当初の予定では8GBまで拡張する予定でしたが最終的には2GBがxDピクチャーカードの最大容量になりました。

 

理由は、SDカードの販売枚数に追いつく予測が立たず計画を終了したようです。

 

データ復旧で送られてくるxDカードのメーカーはオリンパスと富士フィルムが殆どです。

 

他には東芝のxDカードを復元した実績がありました。

 

記録内容は工事現場の写真が割合的に多いのが特徴です。

 

理由は、オリンパスのデジカメで衝撃・防水に強いデジカメが工事現場で採用された流れだと考えます。

 

動画の復元依頼は殆どありません、主に写真になります。

 

xDカードのトラブルで特徴なのが”金属面を拭いてください”とエラーが表示されることがあります。

 

後はUSBメモリー同様のフォーマットしますか?巡回冗長検査CRCエラーファイルまたはディレクトリが壊れているフォルダー、ファイル名の文字化け等のエラーが表示されることがあります。

 

この様なトラブルからのデータ復旧の依頼が多いのもxDカード復元の特徴です。

 

 

  スポーンサーリンク

ページの先頭へ