今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年11月 スポーンサーリンク

今回はパナソニックのビデオカメラで使用していたSDカード動画データ復元のご依頼を兵庫県のお客様よりご依頼を頂きました。

 

SDカードはCDFのSDHC16GBです。

 

cdf-sdhc-16gb

 

お客様のトラブル内容

お客様

パナソニックのビデオカメラで使用していたSDカードになります。

お客様

ビデオカメラでは保存していた映像が再生できていました。

お客様

動画をパソコンに取り込む為にSDカードをパソコンに接続したらい”フォーマットしますか?”と表示されてしまいました。

お客様

もう一度、ビデオカメラにSDカードを戻して再生して見たら動画が見れない状況になりました。

お客様

どうしても動画のデータ復元をしないと行けない為、データ復旧業者を探して依頼しました。

お客様

最初の1社目は、ビデオカメラのデータ復旧が不得意なのか復旧不能との回答。

お客様

2社目は、非常にデータ復旧料金が高額な業者でしたがデータ復旧したリストを提示されお支払いをしてデータを受け取りました。

お客様

受け取った動画を見ると順番はバラバラで、動画は細切れ、更には一つの動画に違う映像も交じっている状態で納品されました。

お客様

映像の欠損も多く、高額な費用の返金も無く泣き寝入りしました。

お客様

どうしてもデータ復元をしないと行けないので今度は、色々ネットで深くまで検索して貴社を見つけました。

お客様

細切れ、断片化した映像を修復データ復元をして頂きたいので宜しくお願いいたします。

 

CDFのSDカード16GBがヤマト運輸の宅急便で届きました。

 

お客様からは事前にメールでご相談を頂き弊社にご依頼を頂いておりました。

 

経緯は、PCにSDカードをマウントした時にトラブルが発生.。

 

”フォーマットしますか?”とよくある不具合に遭遇してしまいました。

 

ご自身でデータ復元の努力の有無は不明ですが2社のデータ復旧業者に依頼をしたようです。

 

データ復旧業者 1社目 診断結果はデータ復旧不能との回答。

 

2社目のデータ復旧業者では、復元は出来たが納品された映像が細切れ、他の映像が混ざる等の不具合の状態でした。

 

また、この業者は非常に高額な費用を請求されてお支払いも済ませた様です。

 

上記のご相談をメールで2-3往復程度のやり取りをした後に3度目のデータ復旧業者の依頼を頂きました。

 

SDカードが届いて最初にクローンディスクを作成する作業からスタート。

 

SDカードのメモリーには不具合が無く論理障害のFAT32のテーブル不良と判定しました。

 

簡単に記録している動画の形式を確認するとAVCHD/M2TSである事が判明。

 

AVCHDに適した復元方法を選択してデータ復旧を開始。

 

最終的に約300個強/データ容量:11GB強の映像データ復元に成功。

 

お客様からは事前に2社目のデータ復旧業者がデータ復旧したデータも一緒に送っていただいており、

弊社が復旧したファイル数/データ容量を比較してご提案をさせて頂きました。

 

●比較ポイント●

①データ復旧した映像の撮影日順に昇順に並び替え(他社はバラバラの納品)

②データ復旧した映像のファイル数とデータ容量を比較して約25%の細切れ、断片化の修復を説明

 

メールでご提案した当日にご連絡を頂き日本郵便の代金引換サービで納品させて頂きました。

 

納品媒体は、データ復旧した全てのファイルを持込頂きましたUSBメモリーに保存。

 

ご指定の映像をテレビ視聴用のDVDビデオディスク※1を作成して納品させて頂きました。

※1.動画キャンペーン[参加]/テレビ用DVDビデオ形式

今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年11月 スポーンサーリンク