今月のデータ復旧割引キャンペーン内容[平成27年9月]

スポーンサーリンク

巡回冗長検査CRCエラーは故障前の危険なサイン


巡回冗長検査CRCエラーが一番多いい媒体はDVDと思います。

 

DVDをコピーしてエラーが出て読み込めない事で気づくケースです。

 

原因は主に傷と経年劣化による読み取りエラーが殆どです。

 

DVDの場合は、

アクセスク繰り返しても急激に悪化することはありませんが、

外付けHDDやUSBメモリ等の場合は、

アクセスを繰り返すと症状が突然悪化する場合がありますので注意が必要です。

 

それは次にアクセスした時に起こる可能性があります。

 

本ページではデータ復旧が出来ない状況に陥る可能性の高いメディア等の情報をご提供していきます。

 

軽度な場合は ”フォーマットしますか?”等に悪化して HDDやメモリ内を参照することができなくなります。 

 

最悪の場合は、

認識不能な「重度物理故障」という最悪なシナリオになります。

 

外付けHDDが認識しない場合の確認方法はこちら

 

巡回冗長検査CRCエラーが表示されるメディア(HDDやメモリカード等)によって、

症状の悪化速度や危険度が違います。

 

兎に角、

この状況のケースでは最小限のアクセスで目的のデータを救出する事が必要になります。

 

ハードディスク巡回冗長検査CRCエラーは危険

ハードディスク(以後 HDD という)は、

最も巡回冗長検査CRCエラーが起こる メディア(記録媒体)と言えます。

 

原因は様々ですが HDD内部のヘッドの劣化やラッター表面の物理的な故障が原因で起こるケースが多いです。

 

ヘッドの読み取り能力が低下している場合は、

次にアクセスをした時にヘッドの故障で 認識不能になります。

 

プラッター(文章・画像・映像等を記録している)では磁性体の劣化、

ヘッドとの接触で出来た傷等により巡回冗長検査CRCエラーが起こります。

 

今、

起きている巡回冗長検査CRCエラーの 原因が解れば良いのですが・・・

 

原因が解らないのに修復コマンドや修復ソフトを行うことが結果的HDDの故障を早める事となります。

 

・CHKDSKをコマンド実行。

・不良セクター修復ソフトを実行。

 

原因がヘッドに起因しない、

プラッターに傷が無い等の場合は、

成功する可能性も若干がありますがリスクが大きすぎます。

 

また、

昨今のHDDの肥大化(大容量化)で故障リスクを上げる理由にもなります。

 

不良セクタ修復ソフトを実行すると10時間以上、

長いと24時間以上かかる可能性もあります。

 

この時、

HDDの内部温度は50度を超えて高速にヘッド・プラッタ・モーターが回転しています。

 

HDDは実は熱に弱いのです。

 

高熱で内部の基盤等の焼きつきで故障するリスクも考えられます。

 

修復したいという気持ちも解りますが下記の方法もあります。

 

CHKDSK/不良セクター修復ソフトより、 

不具合のHDDを正常なHDDへセクターイメージコピーをする。

 

イメージ作成後、

正常なHDDからゆっくり復旧作業をする。

 

この作業プロセスの方が少なくとも全データをロストする可能性は減ります。

 

無論、

イメージコピー中にHDDの冷却は必須です。

 

上記の理由によりCRCエラーのHDDに対して何度もアクセスを繰り返す事は危険と言うことです。

 

格安!外付けHDDデータ復旧サービスはここ

 

 

USBメモリ巡回冗長検査CRCエラーは怖い


USBメモリで巡回冗長検査CRCエラーがでる事があります。

 

USBメモリの記録する場所の不良が原因の一つです。

 

CRCエラーが表示される様になると近い間にメモリ全領域が認識しなくなる事があります。

 

また、

基盤(コントローラ/回路)の劣化により巡回冗長検査CRCエラーが出るケースもあります。

 

フラッシュメモリ系の巡回冗長検査CRCエラーはHDDよりも危険で突然死が後を絶ちません。

 

突然、

認識不能に陥りデータ復旧不能になる可能性が非常に高いメディアになります。

 

USBメモリでフォーマットエラー(フォーマットしますか?)やCRCエラーが出たら不必要なアクセスは控える事をおすすめします。

 

最善の対処法がHDDで説明したイメージコピーをする事。

 

無論、

作業中の冷却は非常に重要です。

 

USBメモリーも高温には非常に弱いメディアだからです。

 

5,000円~USBメモリーデータ復旧はこちら

 

メモリーカード巡回冗長検査CRCエラーとは

 

メモリーカード(SDカード、microSD等)の巡回冗長検査CRCエラーはUSBメモリの内容に同じです。

 

特にmicroSDカードは非常に壊れやすいです。

 

機械的に非常に弱く、基盤(回路/コントローラ)やメモリが故障しデータ復旧の希望が完全に絶たれます。

 

2,500円からのメモリーカード復元はこちら

 

 

 

ビデオカメラ巡回冗長検査CRCエラーとは


ビデオカメラの巡回冗長検査CRCエラーは、

HDDとUSBメモリの両方の原因・症状・結果になります。

 

ビデオカメラの内蔵記録媒体には、

1.8インチのHDD搭載モデルと SDカードやUSBメモリと同じフラッシュメモリータイプに分かれます。

 

トラブルの対処法や HDD又はUSBメモリの内容と同じになります。

 

ビデオカメラの内蔵メモリーから CRCエラーが出たら寿命が来た可能性が高いので早急にデータ復旧をご検討ください。

 

格安!ビデオカメラ復元サービスはこちら

 

 

 

MO(光磁気ディスク)巡回冗長検査CRCエラー


MO(光磁気ディスク)の巡回冗長検査CRCエラーは経年劣化、

記録表面の汚れや、

MO装置のクリーニング不足によるヘッドに付着した塵埃がMOの記録表面を傷つけて起こるケースが考えられます。

 

先に紹介したHDD、USBメモリ、SDカード等よりは 繰り返しのアクセスに対して強く極端な状況悪化は少ないメディアです。

 

MOは非常に耐久性が優れており バックアップメディアとしては優秀です。

 

しかし、

昨今の動画や写真データ容量の肥大化に伴い使われなくなりました。

 

データ容量の小さいドキュメント類 (ワード/エクセル/パワーポイント/一太郎等)のバックアップには今でも最適なメディアです。

 

6ヶ月、1年以上もMO装置のヘッドクリーニングを怠ってる場合、


次々とMOを損傷させて巡回冗長検査CRCエラーが出るMOを量産する事にもなります。

 

激安!MOデータ復旧サービスはこちら

 

 

 

ブルーレイディスク巡回冗長検査CRCエラー

 

ブルーレイディスク(BD-RE/BD-R)巡回冗長検査CRCエラーは、

記録表面の傷が大半ですが経年の劣化や折り曲げ等で起こるケースがもあります。

 

ブルーレイディスクもMOと同じで繰り返しのアクセスで認識不能になる危険度はHDD、

フラッシュメモリ系のメディアよりは少ないです。

 

ブルーレイディスクはデータが記録されている層までの保護膜がDVD-R/RWよりも非常に薄く傷が致命傷になります。

 

軽度なキズ等がある場合は専用の研磨機で磨い読み込みできるか確認するのも一つの手段。

 

ブルーレイディスク復旧サービスはこちら

 

 

 

DVD/CDディスク巡回冗長検査CRCエラー


DVD/CD巡回冗長検査CRCエラーはDVD/CDの内容に同じです。

 

DVD-R/DVD-RW DVD+R/DVD+RW CD-R/CD-RW

 

ブルーレイディスクの説明欄をご参照願います。

 

5,000円~DVD-R/CD-R復元サービスはここ

 

 

SDカード復元 500円割引キャンペーンリンク画像

スポーンサーリンク