今月のデータ復旧料金割引キャンペーン

今回は神奈川県川崎市お客様からソニーハンディカムのビデオカメラFDR-AX40内蔵メモリの動画復元のご依頼でした。

 

ビデオカメラはソニーハンディカムFDR-AX40内蔵メモリー64GBのモデルになります。

 

ハンディカムfdr-ax40

 

お客様のご相談内容

ビデオカメラ復元

ハンディカムFDR-AX40の内蔵メモリに保存していた動画の一部をメニュー操作より削除してしまいました。

ビデオカメラ復元

自分で復元ソフトを購入してデータ復旧を試みてみました。

ビデオカメラ復元

削除した映像は回収できましたが再生できません。

ビデオカメラ復元

消去してしまった動画の復元をお願いします。

 

ハンディカムのFDR-AX40が宅急便で確り梱包されて届きました。

 

お客様のご相談内容を読んでゼロフィル(動画ファイルをデータを全て0000に上書きされる状況)で無いことを祈りながら確認していくことにした。

 

過去に復旧実績はありましたが心配でした。

ビデオカメラFDR-AX40がパソコンに接続後にXAVC S規格4K動画が消失!削除映像データ復元に成功

 

 

初めにハンディカムFDR-AX40内蔵メモリの状況をパソコンに接続して確認してみる。

 

現状、保存されている動画もあるので削除された映像が完全にOクリアーされているのか判断がつかなかった。

 

一旦、内蔵メモリ64GBのクローンディスクを作成する事にする。

 

クローンは問題なく作成できデータ復元作業を開始。

 

お客様が削除した映像3個の回収に成功。

 

回収したファイルの内容を確認するとゼロフィルだった。

 

この状況は、

exFATテーブル情報で削除したファイルのアドレス範囲は残っているが、

動画が保存されているアドレス範囲のデジタルデータは全て0に書き換えれれている状況と言うことになります。

 

これでは正常に再生される事はありません。

 

2016年以降で販売されているパナソニック・JVCケンウッド・ソニーの一部がビデオカメラのメニュー操作により削除・初期化・フォーマットで消した場合、

消したデータをOクリアー(ゼロフィル)してデータ復旧を不能にする仕様に変わってきました。

SDカードの場合は、削除等でもデータ復旧出来る可能性はあります。

 

残念ですがハンディカムのFDR-AX40の内蔵メモリーをビデオカメラ上で消去すると復旧不能になる機種と判断いたしました。

 

パソコンやブルーレイレコーダー等の機器によりデータを消した又は接続したら消えた?等の場合、

動画の復元が出来る可能性は十分にあります。

 

残念ですが今回のケースではハンディカムFDR-AX40からのデータ復元は出来ませんでした。

 

 

■撮影ビデオカメラ情報■

SONY Handycam FDR-AX40

ソニーの高画質技術を凝縮した“プレミアム”高画質

ソニーだからできる映像技術をさらに進化させ、かけがえのない素敵な思い出を、より美しく残せます。
AX40は4K撮影に加え、自社新規開発の動画専用センサー、“新開発”「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)」レンズ、高速画質処理エンジンを搭載。
これら卓越した高画質技術の組み合わせにより、高精細な映像を実現。
二度とない思い出のシーンをリアルに再現します。

映像記録

XAVC S規格 : MPEG-4 AVC/H.264
AVCHD規格 Ver.2.0準拠 : MPEG-4 AVC/H.264
MP4:MPEG-4 AVC/H.264
http://www.sony.jp/handycam/products/FDR-AX40/

光学20倍ズーム対応のデジタル4Kビデオカメラ。
従来機に比べて、約13倍補正する空間光学手ブレ補正機能を搭載し、HD動画撮影時には5軸方向でブレを補正する。
デジタル一眼カメラなどでも採用されている「ファストインテリジェントAF」により、フォーカススピードが従来機より約40%高速化した。
タイプ:ハンディカメラ
撮影時間:150分
本体重量:510g
撮像素子:CMOS 1/2.5型
動画有効画素数:829万画素

http://kakaku.com/item/J0000018185/

 

SDカードの復元はこちら

  スポーンサーリンク