今月のデータ復旧割引キャンペーン内容[平成27年10月 スポーンサーリンク

パナソニックのデジタルビデオカメラHDC-TM60の人的ミスにでの動画消失事案。

 

山口県のお客様よりSOS。

 

SDカードを初期化するつもりが内蔵メモリーをフォーマットしてしまった。

 

デジタルビデオカメラHDC-TM60で削除した動画の復元のご依頼になります。

 

パナソニックのデジタルビデオカメラHDC-TM60は内蔵メモリー64GBを搭載していてSDXC64GBまで対応できる2016年モデルでも十分通用するモデルです。

 

映像はパナソニックが規格したAVCHD記録する仕様です。

 

 

弊社にビデオカメラ復旧のご依頼を頂くお客様で、今回と同じミスで内蔵メモリーを消してしまう方は非常に多いです。

 

特にビクターJVCエブリオのGZ-HM670でSDカードを消すつもりが内蔵メモリーを消したケースは圧倒的に多いと記憶しています。

 

ビデオカメラのメニュー操作で「メモリーのフォーマット」とのメニュが表示されれば勘違いしてSDカードだと勘違いするのも解る気もします。

 

実は、次頁に「SDカードのフォーマット」があるのですが気づきますんよね。

 

この様はミスは人間誰でも必ずあります、しかたありません。

 

今回のパナソニックのHDC-TM60は、

内蔵メモリーをフォーマットしても完全に0消去(ゼロ置き換え)しないモデルのため問題なく、

お客さが欲しい映像のデータ復旧が出来ました。

 

納品は、テレビ視聴用の弊社有料オプションのブルーレイ編集サービス作手の納品になりました。

 

パナソニックはモデルによりフォーマットしたら復元不能にする機種もありますのでご注意ください。

 

ご不明な点は、弊社、デジタルビデオカメラ復元サービスまで気軽にお問合せください。

今月のデータ復旧割引キャンペーン内容[平成27年10月 スポーンサーリンク