滋賀県大津市のお客様よりCD-Rの復元のご依頼を頂きました。

 

CD-Rはマクセル(maxell)で2枚になります。

 

マクセルのCD-R 再生できない

 

お客様のSOS

お客様

写真を保存していたマクセルのCD-Rの読み込みが出来ない。

 

お客様

昔、B’s CLiPと言うソフトで読み書きしていたと思います。

お客様

先日、写真の整理のために久々にCD-Rを読み込みました出来ませんでした。

お客様

多分、写真のデータは残っていると思います。

お客様

読み込み出来ないCD-Rから写真の復元をお願いします。

 

マクセル(maxell)のCD-R2枚が定型外の普通郵便で届きました。

 

お客様のSOSを読むと昔、マクセルのCD-Rに保存していた写真を久々に整理をしようとしたら読み込み不良のトラブルに気が付いた様です。

 

CD-Rの耐用年数も保存状況にもよりますが7-8年から読み込み出来ないトラブルが出てくるケースが多いようです。

 

今回のトラブルはどの様な原因で読み込み出来ないのか調査・復元作業を開始。

 

1枚目のマクセルのCD-Rをセットしてツールで読み込みすると管理情報の部分が読み込み不能な不良セクタ化している事が判明。

 

データ復元作業を開始すると運よく写真データを記録していたアドレス(保存場所)には不良セクターも無く写真の復元に成功。

 

2枚目も全く同じ原因・症状で読み込みが出来ない状況で無事、写真の回収に成功。

 

マクセルのCD-R2枚が届いた翌日に復元した写真の内容をメールでご提案。

 

翌日、ご入金を頂きデータ復元した写真を新しいDVD-Rに書き込み納品させて頂きました。

■CD-Rバックアップのワンポイント■

思いでの大切な写真をCD-Rにバックアップ保存していても定期的に読み込み確認をする事が大切です。

 

15年後に読み込まない場合、全てのデータを失う可能性も考えられます。

 

5年に1度、保存してある光学メディア(VD-R/DVD-R/BD-R)を新しいメディアに保存しなおすことをお勧めいたします。

  SDカードの復元   スポーンサーリンク