今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年12月 スポーンサーリンク

 

 

本日はDVD-R写真データ復旧のご依頼を東京都のお客様よりの依頼です。

 

DVD-Rはmaxell(マクセル)になります。

 

マクセルDVD-R 経年劣化 不良セクター 読み込み不能 データ復旧

 

お客様のトラブル

 

お客様

写真を保存していたDVD-Rがパソコンから読み込み不能になりましった。

お客様

DVD-Rを読み込みトライをしている様でパソコンも固まります。

お客様

マクセルのDVD-Rから写真のデータ復旧をお願いします。

 

maxellのDVD-Rが定型外郵便で届きました。

 

お客様のトラブル内容が”パソコンに読み込ませるとパソコン化固まる”状況。

 

DVD-Rの記録面を確認。

 

傷・汚れは目視では確認できませんでした。

 

マクセルのDVD-Rからデータ復旧作業を開始。

 

ツールが管理情報を読み込むところからメディアの経年劣化と考えられる不良セクターが発生しているのが原因で動かない。

 

ここでデータ復旧の方法をイメージファイルの作成に切り替える。

 

ツールを起動してイメージファイルの作成を開始。

 

メディアの劣化で読み込みエラーの中、夜間イメージファイルの作成を進行させた。

 

翌朝、イメージファイルが出来上がっているのを確認。

 

写真データ復旧作業をイメージファイルよりスタート。

 

写真 約700枚弱の救出に成功。

 

メールにて復旧した写真イメージをご連絡・ご提案させて頂きました。

 

後日、ご入金を頂きデータ復旧した写真を新しいDVD-Rに書き込みヤマト運輸のDM便で納品させて頂きました。

 

DVD-Rの耐用年数も保存状況や品質によって読み込める期間が大幅に変わるので怖いです。

 

DVD-Rで保存していたデータは1年毎には読み込みが出来るか確認した方がデータ消失のリスク管理になると考えます。

 

1枚でも読み込み出来ないDVD-Rが見つかった場合は、
同時に購入したDVD-Rも劣化により読み込み出来ない可能性が高いです。

 

一度、DVD-Rの整理の意味も含めてご確認してみたらいかがでしょうか?

 

 

今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年12月 スポーンサーリンク