USBフラッシュメモリー データ復旧事例紹介

   

USBフラッシュメモリーのデータ復元の実績を紹介していきます。


USBフラッシュメモリー(usbメモリ)は2000年代にパソコンの外部記録媒体として登場したメディアです。


2000年以降はUSBメモリが大容量&低価格になりパソコンの文書(ワード&エクセル・一太郎・PDF)ファイルや画像データの保存に現在でも重宝されています。


反面、USBメモリーも様々なメーカーから発売されていてトラブルも多く危険な媒体でもあります。


弊社にデータ復旧の依頼で送られてくるUSBフラッシュメモリーのトラブルでは、

フォーマットしますか?・巡回冗長検査CRCエラー・ファイルまたはディレクトリが壊れている・フォルダー、ファイル名の文字化け、0バイト、突然データ消失(空)等です。


この様なUSBフラッシュメモリーのトラブルからデータ復元した実績を一覧ご紹介していきます。

  スポーンサーリンク  

iPhoneで撮影した写真をサンディスクのiXpand フラッシュドライブに保存していた3日間の旅行の写真が開かない?認識しない?トラブルからデータ復旧した事例

SanDisk USBメモリ データ復旧 トラブル復旧 写真復元
SanDisk iXpand フラッシュドライブ 64GB

        今回はSanDisk(サンディスク)のフラッシュドライブ復元のご依頼を千葉県鎌ケ谷市のお客様よりご依頼を頂きました。   フラッシュドライブはSanDis […]

ページの先頭へ