今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年12月 スポーンサーリンク

今回はBD-Rデータ復元のご依頼を埼玉県さいたま市のお客様よりのご依頼です。

 

ブルーレイディスクはTDK(ティディケー)BD-R 25GB 5枚になります。

 

TDK-BD-R25GB 不良セクター/I-Oエラー/色素劣化/記録面劣化

 

お客様のトラブルSOS

[charno=2char=”お客様”]昨年、家族の思い出の写真や動画等のデータを保存する為にTDK製のBD-R5枚にバックアップう・保存していました。[/char]

[charno=2char=”お客様”]BD-Rの写真を読み込もうとしたらデータの読込が出来ないことに気が付きました。[/char]

[charno=2char=”お客様”]慌てて、同時期に記録したTDKのBD-R4枚も確認した所、全部が読み込み出来ない事象が発生。[/char]

[charno=2char=”お客様”]家族の思い出が入っていますのでデータ復元をお願いします。[/char]

 

TDKのBD-Rが普通郵便で届きました。

 

お客様のトラブル内容を確認。

 

最初に目視でTDKのBD-R5枚の記録表面の傷や汚れを確認したが非常に綺麗ない状況を確認した。

 

1枚、パソコンにセットしてツールでBD-Rの状況を確認すると、
殆どの記録エリアが不良セクター(読み書き不能な場所)になっている。

 

他の4枚も簡単に確認すると全く同じ状況で不良セクターが発生している状況。

 

記録した日付が約1年前強にバックアップしたBD-Rが5枚とも記録色素不良で読み込み出来ない状況であった。

 

状況は把握したためBD-R5枚のイメージファイルの作成を開始。

 

不良セクターが非常に多くイメージファイルの作成に非常に時間を要した。

 

5枚分のイメージファイルから写真データ等の復元を開始。

 

データの回収にはフォルダー構造も綺麗に復元できたが
不良セクターが無数にある為、
非常に残念だが殆どの写真・動画が正常に開かないことを確認。

 

お客様にメールにてその旨を伝えキャンセルのご検討を促すご提案をさせて頂きました。

 

後日、ご入金を頂き復元したデータをBD-Rデータディスク複数枚に記録して納品させて頂きました。

 

今回は状況が悪いため通常のデータ復元料金より大幅に割引をご提案させて頂きました。

 

一言:BD-R/RWは永遠の記録メディアでは無い

 

BD-Rのデータ復旧作業をしていて思うことはメディアにより劣化の速度、寿命の長さが大きく差が出ると感じっています。

 

BD-Rに保存したから大丈夫と思っていたら2年後には読み込み出来ない?

 

こんな悲劇が待ち受けているなんて一般の方は殆ど考えていないと思います。

 

その為、昔にバックアップしたBD-R/RWを1年に1回程度、確認する作業は定期的に行いたい。

 

少しでも読み込みエラーが生じていたらその時期に購入た同じメーカーのBD-R/RWも読み込めない可能性が考えられます。

 

少しでもデータロストを防ぐためには必要なリスク管理だと思います。

今月のデータ復旧料金割引キャンペーン|2017年12月 スポーンサーリンク