今月のデータ復旧割引キャンペーン内容[平成27年9月]

スポーンサーリンク

本日は兵庫県芦屋市のお客様よりのデータ復旧のご依頼を頂きました。

 

USBメモリはSONYの4GBでした。

 

ソニーUSBメモリCHKDSKチェックディスク修復の結果

 

SONY USBメモリ4GBデータ復旧

 

お客様のトラブル状況

SDカード復元

USB内のデータが全て文字化け。

SDカード復元

パソコンから「修復を試みますか?」と出た為、”はい”を選択した。

SDカード復元

結果はどのデータも修復できなかった。

SDカード復元

USBメモリーのワード等のデータ復旧をお願いします。

 

ソニーのUSBメモリが書留で届きました。

 

お客様のトラブル状況を拝見して、

チェックディスク(CHKDSK)を実行した結果、

更にデータ消失に繋がったと考えた。

 

メモリー内部の文字化け画像イメージ

 

文字化け(ファイルシステムの不具合)の根本的な原因がこの時点では論理的な原因or物理的な原因かは判断がつかない為、

お客様のUSBメモリ4GBのクローンディスクを作成後にデータ復旧作業を試みる事にした。

 

クローンディスクはエラーも無く作成が終了した為、論理障害(インデックス不具合)と判定した。

 

ソニーのUSBメモリーからデータ復旧作業をしていると修復(チェックディスク/CHKDSK)の結果、

各ファイル/フォルダーが削除された状況でした。

 

データ復旧したワード、エクセル、写真等の復旧一覧と簡易テスト結果をUSBメモリが届いた当日にメールにて ご提案・ご報告をさせて頂きました。

 

後日、ご了承の旨のご連絡をメールで頂きデータ復旧したファイルをパソコン用DVD-Rにバックアップして普通郵便の代金引換サービスで発送・納品とさせて頂きました。

 

【後書き】

 

文字化けしている状況で修復=チェックディスク/CHKDSKを実行すると状況を悪化させるケースが多くあります。

 

USBメモリー内のファイルが不要であればパソコンから初期化(フォーマット)してから使うことが宜しいと考えます。

 

初期化(フォーマット)中に途中でエラーが起こる場合はメモリーチップ内部に故障が発生していますので使用は出来ません。

 

※クイックフォーマットでは、問題が発見できない場合がありますので通常のフォーマットでご確認ください。

 

データ復旧を優先する場合は、

修復(チェックディスク/CHKDSK)は、

控えてデータ復旧するアプローチを先に考える事が先決です。

SDカード復元 500円割引キャンペーンリンク画像

スポーンサーリンク